FXを始めるために

まったく手を付けたことがない初心者がFXを始めるためには何が必要なのでしょうか。ここでは最低限必要な口座開設と資金についてまとめてみました。

まず第一に口座を開設することが必要ですが、そのためにまずは証券会社を選択する必要があります。数多くの証券会社が存在しますが、判断する基準は主に2点です。

まずは手数料とスプレッドがあります。現在では手数料は殆どの場合無料となっていますので、スプレッドが大きな要素となります。

これはある通貨を売買するときの差額で、実質的な売買手数料のようなものです。FXのスプレッドは「〜銭」の形で表現され、これに売買通貨単位を掛けたものが、証券会社に徴収されます。

例えば、スプレッドが「5銭」の場合、1万通貨を売買した時には1万×5銭=500円が取られます。銭単位ですので、非常に少なく見えますが、10万、100万単位を売買することも多いFXにおいては重要な選択基準の一つです。

また、最低取引単位も証券会社によって異なるため、チェックが必要です。

さて、証券会社を選択したら、口座を開設しましょう。たいていの証券会社でネット上で口座開設の手続きが取れます。

FX業者ランキング ~以下はハイローオーストラリアを経験済みの方におすすめです~

 

日本語で対応しているブローカーのなかでも、XEMarketsというのは、お勧めできます。新しい屋号になり、XM.COM(エックスエム)となった今、さらに魅力を増やしています。 たとえば、最大レバレッジが500倍というのも、XEマーケットの魅力のひとつです。 また、MT4を使用したい日本人のお客様にも、無料で使用できるという点で、安心してトレードを実施していただけるようになっています。これだと、自動売買が簡単に始められますので、大変ありがたいサービスだといえるでしょう。また、プラットフォームや、トレーディング環境についても、充実を図っています。メタトレーダー4とマルチアカウントマネージャーソフトウェアをつかっての、複数アカウント管理もでき、これも、とてもありがたいところです。また最近ユーザーの増えたスマートフォンでのトレーディングももちろん可能です。

 

iFOREXは1996年10月にサービスの提供をスタートさせました。その後、マーケット展開の範囲を世界規模に広げて行く事に常に力を入れ、活動をしてきたようです。現在、インターネットの普及により、世界的に為替オンライン取引が大ブームとなっている為、競争率がそれこそ毎日高くなっていますが、iFOREXは人種や民族、言語の垣根を越えた広大なネットワークを築き上げることが出来ました。2008年1月現在、スイスをはじめとして、ヨーロッパ諸国や南北アメリカ、アジア、オセアニア、アフリカ、さらに中東地域の主要各国にまで、この「iFOREXの輪」が広がっており、まだまだ今後カバーする地域が増えて行くのは確かでしょう。

 

日本人向けのアピアランスで安心して取引ができるバイナリー88。選べるオプションバリエーションの中でも、特に人気があるのは「60セカンズ」。取引開始から終了までがわずか1分という、投資の常識をくつがえすような利益確定の早さで、忙しいビジネスマンや主婦の方の副業として支持されています。 さらに投資金額は1000円から。バイナリー88はランチ代程度の金額からはじめられる投資です。バイナリーオプションでは、投資金額以上に損失が膨らんでしまうことはないため、1000円を投資して万が一予測が外れてしまったとしても、失うのはその1000円のみ。もちろん、予測が当たればペイアウト率に従って、最大で430%、前出の60セカンズでも最大178%の払い戻しが受けられます。

 

たった60秒間という最短取引で、最大81%の利益率という驚異のリターンを可能にしたトレードラッシュ。オンラインのバイナリーオプション取引で急成長中の「トレードラッシュ」が提供する、最新のプラットホームをご覧ください。 様々な通貨、株式、コモデティ、厳選された85以上の銘柄に加え、快適な取引を約束する充実のカスタマーサポート。プラットホームに搭載された最新機能のインターフェースが、優秀なアナリストのコンタクトをいつもお待ちしています。「上昇」「下降」の決定、満期レート・時間の設定等あらゆる場面において、バイナリーオプション初心者の方でも利用し易い自慢のプラットホームです。 最短60秒間から満期終了期間30日以上まで、簡単かつシンプル、ローリスクハイリターンな取引。あなたのニーズに合わせた、あなただけのトレードラッシュを満喫してください。



基本的にはフォームに入力していくだけで事足りますが、重要なのは本人確認書類が必要であるということです。これはパスポートや免許証などが証券会社によって指定されており、郵送で送ることになります。

もっとも、最近ではスマートフォンなどを利用して撮影した本人確認書類をアップロードし、認証する形も取られており、かなりスピーディーに口座を解説することができます。

とはいえ、口座を開設し、実際の取引を開始できるようになるまでにはある程度の日数がかかるものと思っていたほうが良いでしょう。

さて、口座を開いたら、そこに入金するための資金が必要です。ここで注意しなくてはならないのは、かならず「余剰資金」を投資に振り分けなくてはならないという点です。

時に、生活費を金融商品の投資に使ったり、あまつさえ借金をしてまで投資にのめり込む人がいますが、このような資金の調達の仕方は論外です。特に、FXの場合はレバレッジを掛けて投資を行うため、めったにないものの、損害が投資金額を超えてしまう事態も実際に存在します。

そのような事態に陥った時、日々の生活に影響が及ばないように計画することが必要でしょう。

このように、口座を開設し、資金を入金するだけで、極端に言ってしまえばFXを始めることが可能です。口座開設というとちょっと敷居が高いようにも感じますが、ほぼすべてがネット上でできるので、チャレンジしてみてはどうでしょうか。また、FXを賢く行って行くには、テクニカルチャートやツールをうまく使いこなす必要があります。

金融関係の仕事というと様々なものがありますが、その中のひとつにファンドマネージャーというものが存在していますね。

一般的に名称が浸透している仕事とは言い難いため、名前は聞いたことはあれどどのようなことを行う業種なのかあまり知らないといった方も恐らく多いことでしょう。
ファンドマネージャーとは金融資産運用のエキスパートです。投資信託会社や信託銀行といった金融機関などで活躍する仕事で、投資家から集めた資金をどのようにして運用していくかという計画立てやそれを判断するといったことを行っています。すべてを担うわけではなく、アナリストやディーラーといった専門家たちからアドバイスを受けつつ判断していきます。広義では年金機関の運用責任者などもファンドマネージャーといわれることがあるようですね。

もっと仕事内容を掘り下げていくとすると、端的に言ってしまえば証券などどの銘柄を売買するかを判断する仕事とまとめることが可能です。しかしあくまで判断をするだけで、実際に行動に移すのはトレーダーだということは念頭に置いておくと良いでしょう。
判断を下すだけならば簡単だと思うこともあるかもしれませんがより確実に、そして安定して収益を増やすためには事前の市場調査やしっかりとした自分の中での判断基準を設けておく必要があるなど、その日その日のマーケットを見て判断する力が必要不可欠となります。感情に左右されずに市場を見ることができる能力が必要な仕事だといえるでしょう。
ではそんなファンドマネージャーになるにはどうしたら良いのかというと、実はファンドマネージャーになるための専門資格などは存在していません。しかし専門的な知識が必須となる仕事内容なためはじめからファンドマネージャーとして働くことはほぼ不可能だと思っておく必要があります。まずはファンド運用会社に就職し、アナリストとして現場を見極める分析力やリサーチ力を身につけることから始めることが多くなっており、この期間に証券アナリストの資格を取得しておくとよりファンドマネージャーへの道が近くなるといわれています。また運用会社によってはどの大学を出たかといったことを重視することもあるため、意識しておくポイントとなるかもしれません。

しかし上記の例はあくまで一例で、能力が無いと判断されてしまった場合には当然のことながらファンドマネージャーとして働くことはできなくなってしまうということは考えるべき点です。
ファンドマネージャーという仕事は実力主義的な側面も持ち合わせているため、勉強熱心で競争心のある方に向いている仕事だと言えるかもしれませんね。